親族内承継

親族への承継

可能な限り早い段階から、経営者と後継者との共同作業で、事業承継に向けた取組を始めましょう。
経営者の想い、経営理念を共有することが重要です。
子や親族への事業承継は、会社の所有と経営を一体的に引き継ぎやすいため、早期の取組によりスムーズな事業承継が期待できます。

メリット

関係者にとって納得性が高い

後継者の早期決定が可能

長期間の準備が可能

所有権(自社株)と経営権の一体引継ぎが容易

デメリット

親族内に適任者がいるとは限らない

対象が複数いる場合、調整が難しい

関連リンク

沖縄県事業引継ぎ支援センター
コンテンツ