第三者承継

社外への引き継ぎ(M&Aなど)

後継者を確保できない場合、他の企業や個人といった第三者に引き継ぐ方法(M&A等)があります。現在、中小企業者のM&A等が増えています。

メリット

広く承継先を求めることが可能

現オーナーの創業者利益の確保が可能

デメリット

M&Aに関する情報漏えいの危険性あり

現オーナーの希望(譲渡先、譲渡条件など)を満足させられない可能性あり

後継者選びにはあたっては、関係者と意思疎通を図るとともに、会社の経営権の引継ぎ、後継者教育をどう行うかなど様々な課題があることから、十分に時間をかけて検討する必要があります。

このため、経営者は、事業承継準備を先送りせずに、関係者や専門家、公的機関等の助言を受けて、今から準備を始めることをお勧めします。

M&Aによる第三者承継とは

関連リンク

沖縄県事業引継ぎ支援センター
コンテンツ